RSS

ロジャナ工業団地

2004年11月25日(木) 15時07分(タイ時間)
Rojana Industrial Park Public Co., Ltd.
野中志郎 氏 (Manager, Marketing Department)

民間資本では国内最大
——御社概要をお聞かせください
 弊社はタイ財閥ウィニットブット家と住金物産の合弁で1988年設立、中部アユタヤ県、東部ラヨン県で工業団地を開発・運営しています。ロジャナ(アユタヤ)は89年に開発開始、現面積は約6.7平方キロ(4205ライ)、ロジャナ(ラヨン)は同95年の約3.5平方キロ(2180ライ)です。両団地を合わせ、入居企業数は世界11カ国125社以上。日系商社がパートナーという性格上、日系のお客様が全体の70%、90社に達しています。民間資本の工業団地(工業団地公社が全資もしくは一部出資するIndustrial Estate以外の工業団地)ではタイ最大です。

——ロジャナ・グループについて
 天然ガスによる自家発電供給のロジャナ・パワーがあり、ロジャナ(アユタヤ)ご入居企業に給電しております。主要株主は弊社、関西電力、住友金属工業、住金物産です。発電能力は計165メガワットですが、計208メガワットまで増強する予定です。さらに、中国の現地法人Rojana Industrial Park (China)が、江蘇省常州市で工業団地を開発・分譲しています。投資先・成長セクターであるタイと中国の両国を熟知するグループ運営が特徴です。

——立地条件について
 ロジャナ(アユタヤ)はウタイ郡にあり、バンコク北方69キロ、空港から43キロ、バンコクから車で1時間の距離です。89年開発当時は、幹線道路やアユタヤ地区のインフラが整備されていなかったので、「なんでそんな遠いところに」と言われたそうです。今ではアクセス良好という好評価に変わっています。投資委員会(BOI)の投資ゾーン2となります。

——ロジャナ(ラヨン)は?
 ラヨン市から北に22キロのバンカイ郡にあり、マプタプット港から32Km、レムチャバン港から82キロ。バンコクからは145キロで、車で2時間前後が目安です。「基本インフラは満足できる水準で、取引先と程よい距離をおいて生産に専念できる」との好評価をいただいております。BOI投資ゾーン3の恩典が適用されます。

タイ・中国の両国での実績
——常州のロジャナについて
 常州は江蘇省内で無錫に隣接、上海西方160キロ、南京の東110キロというロケーションです。ご存知のとおり、中国は上海を中心とした沿岸部の発展が目覚しく、弊社の工業団地も同地域にあります。上海、南京とは、高速道路、鉄道で結ばれた陸路交通網の要衝のほか、揚子江を利用した水運も可能です。各国企業の進出が激しい上海とある程度の距離を置き、日系の工業団地として他と差別化を図りました。常州市の全面的なバックアップを受けています。

——中国経済について
 中国はあれだけ広大でありながら、経済発展で注目されている地域は、国土の20%にあたる沿岸部のみです。北部、東北部、南部など、今後の開発で注目されるべき地域はまだまだあります。弊社のディレーク・ウィニットブット社長は、中国は今後5〜10年で7〜9%の成長を遂げると予想しております。バブルといわれる上海の急激な発展も、人口を背景とする「新たな市場」の出現を考慮すれば純粋な発展という見方です。中国への投資に関しては常に、政治的リスクが不安材料として挙げられますが、次世代への政権交代も平和的に行われるだろうと、社長は判断しております。

——タイの投資事情に関して
 自動車関連産業のタイ進出は裾野が広いため投資は堅調です。素材関連、食品関連の産業も加速しています。タイは、成熟した投資環境が魅力的で、事業リスクも一定の精度で計算できます。中国とタイ双方を熟知している「ロジャナ」の果たす役割は大きいと考えます。

工業団地は安定した経営母体が重要
——御社の特徴は?
 タイ進出、中国進出の日系企業に対しては現地のロジャナ・チームがサポート、日本では、住金物産鉄鋼企画部のロジャナ・プロジェクト・チームが、事業化調査からサポートいたします。これから進出を予定されている企業様は、住金物産にお問い合わせいただくだけで、日本にいながらにして両国への進出を計画することが出来ます。日系企業のニーズに柔軟かつ迅速に対応していきます。

——工業団地運営で大切なことは?
 工業団地として、水、電気、通信、物流、などの基本インフラは整っていて当然です。当団地も、ロジャナ・パワーによる給電、ロジャナ・ディストリビューション・センター(RDC)よる総合物流など、ビジネスに必要なインフラが完備されています。団地経営母体の健全性は、入居企業様が安心して生産に専念できる団地としての「環境整備」を継続するために重要であると考えます。販売、賃貸、サービス収入と、バランスの取れた経営、「タイ」資本と「日本」資本の安定的・堅実なパートナー経営が、当団地の強みです。

——今後について
 ロジャナ(アユタヤ)は入居企業115社、従業員数5万人規模の工業団地に発展し、一つの「街」を形成しています。この成熟した「街」の、さらなる安定した成長を目指しています。ロジャナ(ラヨン)は入居企業17社とコンパクトな団地です。アットホームな雰囲気を活かしながら、私、野中と日本人女性スタッフの野本のコンビで、きめ細かな対応を通して、さらなる飛躍を目指しています。

——売り上げ、利益について
 今年1〜9月の業績は総売上高が前年同期比131%増の11億3700万バーツ、最終利益は同31%増の3億8600万バーツです。
——ありがとうございました

入居企業例
●自動車:ホンダ技研、ケーヒン、ヒラタ、ベステックスキョウエイ、住友電工ブレーキシステムズ、カツヤマファインテック、村上開明堂
●精密・電機:ニコン、沖電気工業、沖データ、オムロン、加賀電子、TDK、パイオニア、東北パイオニア、日立製作所、フジクラ、富士通テン、松下電工、古河電気工業、古河精密金属工業、京セラケミカル、一宮電機、日東電工、ミネベア
●素材:JFEフェライト、三菱マテリアル、神戸製鋼、住友金属工業、ブリジストン、三洋化成工業、昭和アルミニウム
●繊維:帝人
●食品:中埜酢店、日本ハム
●運輸・倉庫:住友倉庫

バンコク事務所
住所:32/32 Sino-Thai Tower 11th Fl., Sukhumvit 21 rd., (Asoke). Klongtoey-Nua, Wattana, Bangkok 10110
電話:0-2259-2402〜3 ファクス:0-2259-2394
日本人担当:野中(携帯電話:0-9811-5897)
Eメール:nonaka@rojana.com (日本語)
ウェブサイト:http://www.rojana.com
ロジャナ(アユタヤ)
電話:0-3533-0000〜8 ファクス:0-3533-0009
ロジャナ(ラヨン)
電話:0-3896-1868〜70 ファクス:0-3896-1875
《newsclip》