RSS

マテリアル・オートメーショーン(タイランド) (システムインテグレータ)

2005年3月25日(金) 15時53分(タイ時間)
日系SIで最大手、日本と同品質の業務

タイでのオープン系システムのさきがけ
——タイでの起業のきっかけ
 弊社は1991年設立です。当時タイでコンピュータといえば、主流は米系・日系大手が構築するオフコン(オフィスコンピュータ)でした。工場をはじめとする多くの日系企業が、5000万〜1億円を投じてオフコンに生産管理や経理のシステムを導入する時代でした。日本では一方、現在のパソコンの前身となるオープン系システムが注目され始めたころでした。弊社は、タイでもオープン系システムの時代が到来すると判断。新市場を見込み、SI(システムインテグレータ)として事業を開始しました。

——オープン系の意味は?
 同一メーカーの製品を揃えなければならない、というよりはコンピュータシステム全体の構築を一メーカーに依頼しなければならないオフコンに対し、規格さえ合えばニーズに合った性能、品質、メーカーの製品を選択できるという意味で、オープンです。過剰な品質を求めないので、価格も格安です。まさに今のパソコン、周辺機器、アプリケーションがそうです。オフコン主流の中、起業当時は向かい風を受けました。しかし設立2年後、タイでオープン系システムがブームとなり、判断が正しかったことが証明されました。日本企業との合弁会社から成るグループ全体で、従業員は約130人。日系SIとしては、タイ最大手の一社です。

——SIとは?
 お客様の業務内容を分析し、予算に応じて最適なシステムの企画、構築を提案する、システム開発業者です。業務内容によって、ご提案する製品の品質、性能、価格が決まります。

——御社製品について
 グループとして、会計パッケージやEPR(統合基幹業務システム)の開発、CAD(設計支援ツール)などがあります。弊社がリージョナルの総合販売代理店となっている設計・製造支援のIBM製「Micro CADAM」やCocreate製「One Space Designer」は、タイ国内のみならず、アジア諸国で販売しております。LAN構築やセキュリティ構築などのコンサルやインフラサービスも手がけています。また、システム内でどのようなアプリケーションが使用されているかを管理する、海賊版アプリケーションの発見にも有効な日立製 運用管理ツール「JP1」や、各種ハード・ソフトも販売しています。

日系だからこそ出来る日系顧客へのご提案
——御社の特徴について
 前述のように、お客様の業務内容や要望によって、最適なシステム構築をさせていただきます。建築会社に似ています。土地があり、土地の地理的条件があって、上物のデザイン・設計がなされるのと同じです。ご要望のシステムによっては、より専門知識を持つ他社との提携もあり得ます。より多くの企業とのネットワークを持つことにより、東は中国、西はインドと、弊社のサポートエリアは広がっています。

——顧客について
 全体の8割が日系のお客様で、2割が欧米系や地場です。業種的には8割が製造業、残りが運輸と販社です。

——今後について
 これまでの年20%という増収のペースを、今後も維持できればと思っております。欧米系や地場のシステム開発業者にとって日系企業の市場は、言葉の難しさ、ビジネス習慣の違い、きめ細かなサービスの要求など、障壁が高いといえます。日系のシステム開発業者だからこそ出来る、日系企業のお客様へのご提案を、今後も続けていく所存です。同時に、タイでのさらなる認知度の向上を狙い、地場企業へのプレゼンスを積極的に行っていきます。タイ国内の日系IT企業は50〜60社と言われています。そのうち、実力がある企業は何社ぐらいでしょうか。この業界では、突出した技術は決して必要ではありません。各部門できっちりと仕事をこなす人材が揃う企業でありたいと思っております。日本人営業スタッフも募集中ですので、ご連絡ください。

——販売に注力したい製品など
 日本で人気のグループウエア「サイボウズ」の国際版、「Share360」のタイ語インターフェイスを開発しました。日本語、英語、タイ語の他7カ国語でご使用になれます。このような、日本製の便利で安価なソルーションを今後も、日系に限らず地場のお客様に対して、ご紹介させていただきます。

——売り上げについて
 昨年実績はグループ全体で4億5000万バーツ、MAT単体で3億3000万バーツです。

——どうもありがとうございました


系列会社
ASAHI-MAT:旭エンジニアリングとの合弁。Cocreate(CAD)製品を中心とした設計システムが主力
ASIAN PARTNERS ASIA PACIFIC (BANGKOK):AP(NTTデータ、住商との合弁)の現地法人。会計パッケージ(A.S.I.A)の販売
GRAPHIC PRODUCTS ASIA:グラフィックプロダクツとの合弁。金型設計製造支援システムCAM-TOOLの販売サポート
APEX WAKO (THAILAND):アペックス和光との合弁。LAN構築、機器・電気・空調などの各種工事、制御盤製造など

住所:11th Floor, CTI Tower, 19/85 Ratchadapisek Road, Klongtoey, Bangkok 10110
電話:0-2261-5100(9回線), 0-2661-9410〜2
ファクス:0-2261-5109, 0-2661-8417
Eメール:info@mat.co.th
ウェブサイト:www.mat.co.th

MATERIAL AUTOMATION (THAILAND) CO., LTD. (MAT)
平川 貴士 氏 (Managing Director & C.E.O)
森 浩己 氏 (General Manager, Sales & Marketing Division)

系列会社
ASAHI-MAT:旭エンジニアリングとの合弁。Cocreate(CAD)製品を中心とした設計システムが主力
ASIAN PARTNERS ASIA PACIFIC (BANGKOK):AP(NTTデータ、住商との合弁)の現地法人。会計パッケージ(A.S.I.A)の販売
GRAPHIC PRODUCTS ASIA:グラフィックプロダクツとの合弁。金型設計製造支援システムCAM-TOOLの販売サポート
APEX WAKO (THAILAND):アペックス和光との合弁。LAN構築、機器・電気・空調などの各種工事、制御盤製造など

住所:11th Floor, CTI Tower, 19/85 Ratchadapisek Road, Klongtoey, Bangkok 10110
電話:0-2261-5100(9回線), 0-2661-9410〜2
ファクス:0-2261-5109, 0-2661-8417
Eメール:infoth-jp@th.to-be.co.jp
ウェブサイト:http://www.to-be.co.jp/
《newsclip》