RSS

イースタンポリマー・グループ

2005年11月25日(金) 10時00分(タイ時間)
 イースタン・ポリマー・グループは1978年設立。ゴム製の靴底から始め、ゴム、プラスチック製部品に事業を広げた。

 日系企業との合弁会社は、▽Zeon Advanced Polymix:日本ゼオンとの合弁で、カーボンマスターバッチゴムを製造・販売。イースタン・ポリマーの出資比率27%▽Tokai Eastern Rubber (Thailand):東海ゴム工業との合弁で、自動車用防振ゴム、ホースを製造。イースタン・ポリマーの出資比率29.5%▽Hayakawa Eastern Rubber :早川ゴムとの合弁で35%出資−−。

 2009年までに研究開発・設備投資などに10億バーツを投じる予定だ。金型の生産目標台数は年間700台、ジグは600台を目指している。現在の登録資本金は3億バーツだが、年内にウィトゥーラパコン家の出資で5億バーツに増額する。

 グループ傘下のインターナショナル・ポリマー・パーク(IPP)は、東部ラヨン県ニコムパタナー郡の土地80万平方メートルを取得、投資委員会(BOI)の認可を受けて1994年から工業団地開発を行っている。

 現在6社の工場が操業中だ。オフィスビルや社員寮も含め、2010年までに80万平方メートルを開発する。工業団地の概要は▽マプタプット港まで25キロ▽レムチャバン港まで30キロ▽地価1ライ(1600平方メートル)当たり200万バーツ▽発電能力50メガワット▽良質な地下水を工業用水として使用、貯水量は5万立方メートル−−。

イースタンポリマー・グループ
ホームページ:www.aeroflex.co.th
《newsclip》