RSS

クリチャート・ポンシンシリラック医師

2006年3月17日(金) 15時05分(タイ時間)

1962年生まれ、バンコク出身。チュラロンコン大学医学部卒業。現在は美容整形・性転換手術の権威としてヤンヒー病院で執刀に当たっている。


—学生時代について

 もともと勉強熱心なほうではありませんでした。中学・高校時代は時間があれば映画を観に行ったり、家族と旅行に行ったり。大学に入ってからはサッカーなどのスポーツに夢中でした。学業に真剣に取り組むようになったのは学年が上がってからです。


—国内の性転換手術事情

 タイでは長く性転換手術が行われてきましたが、最初は男性器切除のみでした。女性器(膣)と尿道口の形成技術が発達したのはそれから20年後、男性器の神経をそのまま利用したクリトリス形成までさらに10年かかりました。本物の女性器そっくりに仕上げる技術の誕生は、それぞれの病院の研究のたまものです。


—世界に誇るタイの性転換手術

 手術を希望する外国人がタイの病院を選ぶ理由は、まず技術の高さが挙げられます。世界に性転換手術の名医が30人存在するとしたら、そのうち10人はタイ人でしょう。そして料金が安いこと。例えばアメリカで同じ手術を受けるとタイの5倍、イギリスなら10倍の費用がかかります。


—ヤンヒー病院の性転換手術について

 手術を受けるに当たって大切なのは、患者本人が本当に性転換を望んでいるのかどうか。当院では精神科医から手術可能と診断された患者のみ受け入れています。そのほかにも以下の条件を満たしていることが必要です。

1.物心ついた頃から自分を女性として意識していた
2.1年以上女性として(服装・振る舞いなど)生活している
3.1年以上女性ホルモン剤を服用している−−。

 男性患者を例に挙げると、性転換手術は男性器切除と女性器形成を一度の手術で行います。術後は1週間の入院が必要です。料金は約6000USドル。現在患者の約9割が外国人で、インターネットで当院の評判を聞いて来るそうです。タイ人が少ないのは、この料金を高過ぎると思うからのようですね。元ムエタイ・チャンピオンのトゥムさんは当院で手術を受けています。

 外観はもちろん、性交時の感覚も本物の女性器そのものに仕上がります。これまでのところ、医師の指示通りにアフターケアを行わなかった場合は別として、結果に不満を申し出た患者はありません。術後は膣にガラス管を1日4〜6時間挿入し、これを

一年間続けます。膣は人工的に造られたいわば傷なので、そのままではふさがってし
まうからです。

 現在、外国人患者のうち欧米人とアジア人の比率は半々ですが、アジア人では日本人がそのうち約4割を占めています。ほかに韓国、中国、台湾、香港からの患者が多いですね。術後は意見・感想を記述式で書いてもらい、以降のサービスの参考にしています。

—ありがとうございました

住所:454 Charansanitwong Rd., Bang-O, Bangplad, Bangkok 10700
電話:0-2879-0300
   内線1035, 1086 (日本語可)
ウェブサイト:www.yanhee.net
診察時間:9時〜18時(日休)
《newsclip》