RSS

川崎汽船、アジア・中東航路を改編

2006年6月2日(金) 08時02分(タイ時間)
 川崎汽船とシンガポールの船会社パシフィック・インターナショナル・ラインズ(PIL)は2日、6月末からアジア・中東航路2航路を改編すると発表した。

 これまでアジア・中東航路は、川崎汽船、PILとマレーシアのMISCの3社が協調サービスを行ってきたが、改編後は川崎汽船とPILの2社による運航となる。

 新サービスでは、船舶の大型化・高速化でサービスの安定化及び所要時間の短縮を実現する。これにより、上海−ドバイ間の所要日数は従来の18日から14日に短縮される。青島(中国)、高雄(台湾)、パシルグダン(マレーシア)に新たに寄港する。
《newsclip》