RSS

ATMで感電、サムットプラカンで

2006年6月3日(土) 19時11分(タイ時間)
 東部サムットプラカン県プラプラデン郡で6月1日午前0時半ごろ、銀行の現金自動支払機(ATM)を使用していた男性が感電して病院に運ばれる事故があった。

 事故が起きたのはスクサワット通りにあるカシコンバンクのATM。目撃者によると、男性の叫び声が聞こえたので駆けつけたところATMの前でパトムポン・ハーンチンさん(24)が倒れており、そばにあったオートバイのハンドルとATM機の土台部分で放電が起きていたという。パトムポンさんの命に別状はなかった。

 警察は、何らかの理由で漏電していたATM機に雨に濡れたパトムポンさんが触れて感電したものとみて、更に詳しい調査を進めている。
《newsclip》