RSS

不発弾爆発、小学男児3人死亡

2006年6月4日(日) 01時07分(タイ時間)
 3日午後1時ごろ、東部サケオ県の軍演習場に放置されていた不発弾が爆発し、小学生の男児3人が死亡する事故があった。

 事故が起きたのは同県ワタナナコン郡にある演習場。近くのキャッサバ畑に親の農作業を手伝いに来ていたサマーン君(9歳)、ソムバット君(11歳)、パユン君(8歳)の3人が立ち入り禁止の敷地内に入り込んで遊んでいたところ大きな爆発音がし、親が駆けつけたが3人とも即死していた。

 事故現場には深さ20センチ、幅十数センチの爆発跡があり、不発弾を見つけた3人が石でたたくなどして遊んだため爆発したものとみられる。
《newsclip》