RSS

日中花火対決も、9日からタイ国王在位60周年祝賀行事

2006年6月7日(水) 23時37分(タイ時間)
 プミポン・タイ国王の在位60周年を記念する祝賀行事が6月9日から開催される。日時は変更にある場合があるので、注意が必要。
 
9日朝9時より
 ワット・プラケオ(エメラルド寺院)・王宮にて儀式。朝9時から夕5時まで、国王在位60周年を祝う署名。一般人の見学は立ち入り禁止や時間制限の規制があるので注意。

9日朝10時より
 旧国会議事堂にて国王による儀式。一般人も見学は可能だが、立ち入り禁止などの規制が多いので注意。黄色のシャツ着用の義務。

9日夜6時より
 クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センターでの中国政府協賛による花火1万発の打ち上げ。

9日夜7時過ぎ(19時19分)より
 王宮前広場でのロウソクを灯して在位60周年を祝う行事。

10日夕5時より
 ワット・プラケオ(エメラルド寺院)・王宮にて国王による祝賀行事。

10日夜6時より
 チャオプラヤー川(プラピンクラオ橋からプラプッタヨーファー橋までの間)での船からによる日本製花火2万発の打ち上げ。

11日夜8時30分より
 王室競馬場での日本製花火1010発の打ち上げ。

12日午後1時より
 旧国会議事堂にて国賓、要人を迎えての国王による儀式。

12日夕5時30分より
 チャオプラヤー川での国王による王室御座舟行事。一般人も見学できるが、立ち入り禁止などの規制が多い。

13日午後7時30分より
 王宮にて王室による国賓・要人との晩餐会。

14日夜7時30分より
 王室・政府関係者による総理府での仏教行事。

17日夕5時より
 バンコク北隣ノンタブリ県ムアントンタニでのコンサートや光と音の祭典「The Light of Hope and Loyalty」。

23日昼3時より
 バンコク・ラチャダムヌン・クラーン通りでの国王による閲兵式典。

詳細はhttp://www.newsclip.be/planet/001317.html
《newsclip》