RSS

国王が国民に団結求める 在位60周年記念式典で

2006年6月9日(金) 09時19分(タイ時間)
 旧国会議事堂(アナンタサマーコム宮殿)で9日、プミポン国王在位60周年記念式典が催された。

 周辺の道路は同日午前零時から車両進入禁止となり、国王を一目見ようと集まったバンコクや国内各地からの国民が、深夜から場所取りを開始。午前8時には旧議事堂前の広場および周辺の道路が人で埋め尽くされた。集まった国民のほとんどが黄色いシャツ(国王の誕生日の色)を着用、タイ国旗と国王旗を手にしていた。

 式典はバラモン儀式にのっとって、午前10時過ぎに開始された。国王が旧議事堂2階のベランダに姿を現したのは午前11時25分ごろ。ワチラロンコン王子、タクシン首相らの祝辞の後、国王は11時55分から5分ほど、国民に礼を述べるとともにさらなる団結を訴えた。

 演説後、タクシン首相の掛け声で国民が「国王万歳(ソンプラチャルーン)」と繰り返すと、国王はシリキット王妃とともに、手を振って応えた。

旧国会議事堂前
《newsclip》