RSS

親友の死に苦悩、葬式VCD見ながら自殺

2006年6月10日(土) 15時08分(タイ時間)
 タイ字紙カオソットによると、6日午後6時頃、中部アユタヤ県バンパイン郡の民家の居間で、若い男性が拳銃で頭を撃って自殺した。自殺したのはスラチャート・ルンポンさん(21)で、遺体の前のテレビには、4年前に事故死した親友の葬式を収録したVCDが再生中だった。また、親友に宛てられた手紙が壁に貼ってあったほか、財布の中に親友の遺体の写真が入っていた。

 母親の話によると、スラチャートさんは親友が亡くなって以来、「彼の霊が頻繁に現れてあの世へ誘ってくる」などと話すようになっていた。心配した母親が、寺で親友を供養すれば気持ちが落ち着くのではないかと出家させる準備をしていた矢先の出来事だったという。
《newsclip》