RSS

遺産争いで発砲、親族5人が死傷

2006年6月13日(火) 19時02分(タイ時間)
 6月9日午前10時頃、東部チョンブリ県バンブン郡の病院に、散弾銃で撃たれた重傷の患者5人が運び込まれた。被害者はブンナーク・トーンバイさん(65)とその家族および親類。親類のサワイさん(61)は急所に弾を受けており、チョンブリ病院に移送されたが間もなく死亡した。警察はブンナークさんの兄プロム容疑者(72)を殺人と傷害の疑いで逮捕した。

 調べによるとプロム容疑者は、弟のブンナークさんが自分より広い土地を相続したことに以前から不満を感じており、事件当日、ブンナークさんが家族と共に土地の境界に鉄条網を張り始めたため、逆上して銃を乱射したという。
《newsclip》