RSS

管制当局と交信に応じず処分=ベトナム航空操縦士

2006年6月13日(火) 19時03分(タイ時間)
ベトナム航空当局は6月13日、ベトナム航空の操縦士らがウクライナ、ポーランド、チェコの上空で航空管制当局との交信を故意に絶っていたとして、停職処分を下した。

 処分を受けた操縦士らは4月17日、3カ国の上空で1時間5分にわたり管制当局との交信を怠っていた。同機はチェコ空軍機が緊急発進し、着陸を求めてはじめて、交信に応じていた。
《newsclip》