RSS

W杯声援でケンカ、2人射殺

2006年6月14日(水) 21時44分(タイ時間)
 13日午前6時ごろ、東部パタヤ市のおかゆ店で30歳と41歳の男性が別の男性客にけん銃で撃たれ死亡した。サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会の観戦をめぐるトラブルが原因とみられている。

 目撃者によると、死亡した2人がイタリア対ガーナの試合をテレビ観戦し、大声で声援を送っていたろ、隣の席にいた小柄な男が、静かにしてくれないかと声をかけた。これをきっかけに口論となり、30歳の男性が男を殴打、男はけん銃を取り出し2人を射殺し、メルセデス・ベンツの高級スポーツカー、CLK230に乗って逃走した。

 男はパタヤで娯楽施設や貸金業を手がける実業家で、おかゆ店店主の知り合いという。
《newsclip》