RSS

女子高生暴行殺人、酒手欲しさの犯行か

2006年6月18日(日) 00時30分(タイ時間)
 バンコク都内ドンムアン区で発生した女子高生強姦・殺人事件で、タイ警察は16日夜、同区在住の無職、シリモンコン・ルアンナーク容疑者(33)を逮捕した。

 調べによると、被害者の女子高生、ウィーウィモン・シリウェートさん(16)は15日、友人の親せきの葬儀を手伝い、夜中にバイクタクシーで帰宅する途中、バイクタクシーを運転していたシリモンコン容疑者にドンムアン区内の分譲住宅地建設現場に連れ込まれ、強姦された後、ナイフで刺され死亡した。

 シリモンコン容疑者はウィーウィモンさんの所持金などを奪った後、妻と娘をオートバイに乗せ、3人乗りで妻の実家がある東北部スリン県に向かい、途中のブリラム県で逮捕された。

 同容疑者は「オートバイタクシーの運転手をしている兄と酒を飲んでいたが、酒がなくなったので、酒手を稼ぐために兄の運転手用ベストを着て客待ちをした。客として拾った女子高生を殺害し、金品を奪った」と供述。強姦は否定している。
 
 同容疑者は以前、妻の妹を強姦した容疑で逮捕されたことがあるほか、重度の薬物中毒で治療を受けた。

 警察は17日、容疑者を連れ現場検証を行う予定だったが、容疑者に制裁を加えようと近所の住民100人以上が現場に待ち構えていたことから、急きょ取り止めた。

 統計局(NSO)によると、05年にタイで発生した強姦事件は警察が把握しているだけで5065件。強姦事件が警察に通報されるケースは全体の約5%程度とみられ、実際にはこの20倍、10万件以上の被害が出ていると推定されている。
《newsclip》