RSS

バンコク中央駅で手製爆弾12個、南部駐留の補助兵が所持

2006年6月19日(月) 20時52分(タイ時間)
 タイ警察は19日、バンコクのフアラムポーン中央駅で、自家製爆弾12個を所持していた男を逮捕した。

 捕まったのは、北部ラムパン県出身で、深南部ナラティワート県の陸軍補助部隊に所属するウィーラポン・ラムディー容疑者(29)。同容疑者は南部行きの列車に乗り込み発車を待っていた際に、警察による所持品検査を拒否、逃走を図り取り押さえられた。爆弾は護身用と主張しているという。
《newsclip》