RSS

スワンナプーム空港、開港は9月28日

2006年6月20日(火) 01時44分(タイ時間)
 タクシン首相は19日、新バンコク国際空港(スワンナプーム空港)を9月28日に開港すると発表した。同日からすべての商業フライトは新空港を利用する。タイ国際航空などタイの航空会社6社は7月29日から、一部の便の離発着を新空港に切り替える。

 バンコク国際空港(ドンムアン空港)はチャーター便などで今後も使用するが、同空港の第2ターミナルは博物館、展示場に改装される。

 スワンナプーム空港はバンコク都心から東へ約27キロの地点(サムットプラカン県)に建設中。総投資額約1550億バーツ、敷地面積はバンコク国際空港(ドンムアン空港)の約6倍とアジア最大規模で、年間4500万人の利用を見込む。

 当初は昨年9月の開港を予定していたが、設計変更などで迷走し、今年1月には工事中のケータリング施設ビルの火災で作業員1人が死亡した。建設を担当するチャイナン副運輸相は4月に、開港は年末と話していた。
《newsclip》