RSS

宝くじの達人僧、宗教局が調査

2006年6月21日(水) 02時32分(タイ時間)
 宝くじの当選番号を言い当てて注目の的になっている有名な僧侶について、タイ宗教局が詳しい調査を行うと発表した。この僧侶は北部ナコンサワン県タークリー郡にあるラートティパロット寺のレック僧で、6月1日の宝くじの抽選でいくつもの当選番号を言い当てたと話題になっている。

 同僧の影響で宝くじを買う市民が急増、個人の借金が増えるなど社会問題化してきたため、宗教局が調査に乗り出す事態となった。僧侶が宝くじの当選番号を占い発表することはサンガ法で禁じられている。調査によりレック僧の言動に問題が認められれば僧籍は剥(はく)奪され、詐欺の疑いがあれば法的措置がとられることになる。
《newsclip》