RSS

北京の華人フォーラム CPのタニン氏、タイビバのジャルーン氏が参加

2006年6月22日(木) 00時35分(タイ時間)
【タイ】中国政府主催の在外中国系人のフォーラム「第4回世界華人論壇」が6月20日、北京で行われ、中国内外の中国系実業家約200人が参加した。中国本土と世界各地の華僑・華人企業の連携強化が狙い。

 タイからはCPグループ(正大集団)のタニン・ジアラワノン(謝国民)同社会長(65)、アルコール飲料最大手タイ・ビバレッジのジャルーン・シリワタナパクディー(蘇旭明)会長(61)の2人が参加した。

〈CPグループ〉食品、オートバイ生産、小売り、通信、不動産など20カ国で250社を展開。タイの主力企業はアグロインダストリー最大手CPF、CPセブンイレブン、通信大手トゥルーなど。タニン氏の資産は米経済誌フォーブスの推定で24億ドル、タイ3位。

〈タイ・ビバレッジ〉ビールの「ビア・チャーン」、ウイスキーの「メコン」などを擁し、タイ市場シェア(04年)はビール6割、蒸留酒7割以上。05年の売上高は921億バーツ、最終利益105億バーツ。従業員約2万人。ジャルーン氏はほかに不動産、保険、金融などに進出。同氏の資産はフォーブスの推定でタイ1位の32億ドル。

CPのタニン会長
《newsclip》