RSS

鳥インフルエンザ感染地域から除外=マレーシア

2006年6月23日(金) 08時07分(タイ時間)
 マレーシアのムヒディン農相は22日、同国が鳥インフルエンザの感染地域から除外されたことを明らかにした。国際獣疫事務局(OIE)の規定によると、最後の症例が確認された後、3カ月にわたり新たな症例が見つからなければ、感染地域の指定が解除される。農業省は今月19日に新症例が見つかっていないことをOIEに報告し、感染地域からの除外を申請。21日に認められていた。

 マレーシアでは2月から3月にかけ、クアラルンプール、ペラ州、ペナン州で危険性が高い「H5N1」型ウイルスによる鳥インフルエンザが発生していた。ヒトへの感染はなかった。
《newsclip》