RSS

シンガポール人の海外旅行先、タイが2位

2006年6月30日(金) 08時59分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール政府の最新統計によると、半数以上のシンガポール住民(15歳以上)が過去1年間に少なくとも1回は出国したと答え、年齢別では25-34歳が64%で最も多かった。

 休暇による出国先で最も多かったのは、隣国マレーシア(37%)。2位にはタイ(13%)、中国(12%)が続いた。出張による出国先は中国(20%)がトップで、米国(12%)、マレーシア(11%)が続いた。
《newsclip》