RSS

航空会社が相次いでビル売却=シンガポールなど

2006年6月30日(金) 09時15分(タイ時間)
【シンガポール、マレーシア】シンガポール航空は28日、本社が入居するSIAビルディング(35階建て)をクレディリヨネ系の不動産投資ファンドCLSAキャピタル・パートナーズに3億4388万シンガポールドルで売却したと発表した。同ビルは中心部のロビンソン・ロードにあり、同社と子会社のシルクエアの本社のほか、ラボバンク、保険会社のロイヤル&サン・アライアンスなどが主要テナント。売却で得た資金は設備投資に充てる計画。

 一方、経営再建中のマレーシア航空も28日、首都クアラルンプール中心部の本社ビルを国営の資産管理会社プルモダラン・ナショナルに1億3000万リンギで売却した。同航空はビルをいったん売却した上で、プルモダランと賃借契約を結ぶ。
 同航空はまた、一連の再編計画の代償として政府から8億5000万リンギの賠償金を獲得する見通しで、人員削減費用などに充てる計画だ。
《newsclip》