RSS

1−5月の投資恩典申請額6割減

2006年7月6日(木) 10時58分(タイ時間)
【タイ】投資委員会(BOI)によると、1−5月に受け付けた投資恩典申請は521件、投資予定額は前年同期比63%減の1286億バーツだった。政局混乱の長期化が影響したもよう。

 申請があった事業の資本金総額246億バーツ(前年同期669億バーツ)のうち、タイ資本は119億バーツ(同376億バーツ)、外資は127億バーツ(同293億バーツ)で、日本が66億バーツ(同24億バーツ)、シンガポールが13億バーツ(同5億バーツ)と伸びる一方、欧州連合が5億バーツ(同37億バーツ)に落ち込んだ。米国は前年並みの3億バーツ。

 事業別の投資予定額は、電気・電子411億バーツ(同288億バーツ)、サービス・インフラ291億バーツ(同607億バーツ)、化学・紙215億バーツ(同170億バーツ)、金属加工174億バーツ(同963億バーツ)。
《newsclip》