RSS

銅精錬のタイ・コパー、丸紅が3%取得

2006年7月6日(木) 23時41分(タイ時間)
【タイ】地場包装用フィルムメーカーのタイ・フィルム・インダストリー(TFI)は6日、銅精錬会社タイ・コパー・インダストリー(TCI)の株式約3%とワラントを500万ドルで丸紅に売却すると発表した。キャッシュフローの改善が狙い。

 TFIは04年、05年に計7億バーツ以上の赤字を出すなど経営が苦戦中。2軸延伸ポリプロピレン(BOPP)フィルム、2軸延伸ポリエステル(BOPET)フィルムの年産能力を昨年、7.7万トンから10.7万トンに拡大したが、今年1−3月も2.1億バーツの赤字になり、手持ちの現金が不足気味となっていた。

 TCIは04年に操業を開始、年産能力16.5万トン。05年の業績は売上高36.4億バーツ、最終赤字12億バーツだった。主要株主は、TFIオーナーのプラユット・マハーキッシリ愛国党副党首(持ち株比率33%)、TFI(同27%)、タイ・アセット・マネジメント(TMC)(同30%)。

【プラユット・マハーキッシリ】ステンレス冷延鋼板メーカーのタイノックス・スチール、ネスカフェ製品のクオリティー・コーヒープロダクツ、TFI、TCI、ゴルフ場のレイクウッド・カントリークラブなどのオーナー。タクシン首相のゴルフ友達の1人。
《newsclip》