RSS

セイコークロック、タイで自動車内装部品製造

2006年7月10日(月) 13時37分(タイ時間)
【タイ】セイコークロックは10日、キュービック(静岡市)が開発した水圧転写印刷技術を応用し、タイで自動車内装部品の製造を始めると発表した。2007年末までにロジャナ工業団地に新工場を建設し、稼働中のタイ時計工場も新工場に移転・集約する。自動車内装部品の売上目標は08年度8億円。

 キュービックは複雑な3次元曲面に多色印刷を可能とする唯一の技術を持つ。印刷の原理は、水面上に浮かべた特殊フィルムの図柄の水圧による転写。多彩な柄の印刷が可能で、幅広い分野で採用されている。

 セイコークロックはキュービックからライセンス供与を受け、ここ10年、掛・置時計の外枠デザインの多様化・多彩化・高級化を進めてきた。この間に蓄積した金型製造、成形、水圧転写印刷の技術を、自動車内装品分野に応用する。
《newsclip》