RSS

連載コラム中止で評論家が抗議活動=シンガポール

2006年7月10日(月) 22時55分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポールの著名評論家、李健敏さんが9日、政府を風刺した文章を投稿したところ、署名コラムが連載中止になったことを不満として抗議活動を行った。地下鉄シティホール駅で行われた抗議活動には支持者30人が参加した。

 李さんは日刊タブロイド紙「トゥデー」紙上で、今年5月に行われた総選挙で与党・人民行動党が野党・労働者党の候補を激しく攻撃したことについて、「大げさすぎる」と皮肉ったほか、総選挙後に電気料金やタクシー料金が相次いで値上げされたことを批判していた。
《newsclip》