RSS

娯楽施設の営業時間延長認めず=マレーシア

2006年7月11日(火) 11時00分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア観光省はこのほど、娯楽施設の営業時間を午前5時まで延長すべきとの提案をまとめたが、麻薬などの氾濫に拍車をかける恐れがあるとして、延長を認めないことを決めた。営業時間の延長は観光振興が目的だったが、深夜営業の娯楽施設が薬物売買の温床になっている現状を踏まえ、従来通り午前2時までの営業しか認めないことにした。
《newsclip》