RSS

ポト派幹部のタ・モク元参謀総長が死去=カンボジア

2006年7月21日(金) 08時32分(タイ時間)
【カンボジア】カンボジアからの報道によると、ポル・ポト政権幹部だったタ・モク元参謀総長が21日早朝、プノンペン市内の病院で死去した。80歳だった。

 タ・モク氏はポル・ポト政権時代に大量虐殺を指揮したとされ、「ブッチャー(虐殺者)」とのあだ名を持っていた。カンボジアでは大量虐殺や人道上の罪を裁く特別法廷が近く始まる予定となっており、同氏も訴追される見通しだった。同氏の死去は特別法廷の運営にも影響が与えることになりそうだ。
《newsclip》