RSS

プミポン国王が腰椎の手術

2006年7月22日(土) 16時54分(タイ時間)
【タイ】プミポン・タイ国王(78)が20日、バンコク都内の国立シリラート病院で腰椎疾患の手術を受けた。術後の経過は順調で、7月末から8月初旬に退院できる見通しという。

 国王が入院中のシリラート病院には連日多数の国民が見舞いに訪れ、中には容態がはっきりするまで帰宅しないとする徹夜組もいるという。テレビ各局も容態を時間刻みで報道している。

 国王は10年ほど前から腰の具合が悪く、様々な治療を受けてきた。シリラートの医師団は5月に手術が必要という判断を下したが、国王の在位60周年記念式典のため、延期していた。

シリラート病院
《newsclip》