RSS

国営通信2社、持ち株会社方式で統合検討

2006年7月25日(火) 12時32分(タイ時間)
【タイ】国営通信会社のTOT(旧電話公社)とCATテレコム(旧通信公社)は24日の取締役会で、持ち株会社方式で経営統合を目指すことで合意した。市場開放による民間との競争激化に備え、経営効率の改善が不可欠と判断した。

 両社の合併計画はこれまでも度々浮上したが、長年のライバル関係が影響し、実現に至らなかった。今回の計画は、財務省が100%出資で設立する新会社傘下に両社が入る形で、段階的な統合を目指す。

 TOTは固定・携帯電話サービスが中心で、従業員約2万人。CATは国際電話、データ通信などを手がけ、同6000人。
《newsclip》