RSS

マレーシアで温室効果ガス削減、国際協力銀とRHB銀が協力

2006年7月28日(金) 01時24分(タイ時間)
【マレーシア】国際協力銀行、日本カーボンファイナンス(JCF)、マレーシアの商業銀行、RHB銀行の3者は27日、先進国と途上国が温室効果ガスの削減事業を共同で実施し削減分を投資国(先進国)が自国の目標達成に利用するクリーン開発メカニズム(CDM)プロジェクトのマレーシアでの推進を目指す業務協力協定に調印した。民間企業主導によるCDMプロジェクト実施に向け、情報交換、金融支援などで協力する。

 JCFは途上国、体制移行国からの排出削減クレジットの買い取りを目的に2004年、日本の民間企業と国際協力銀、日本政策投資行により設立された機関。
《newsclip》