RSS

スワンナプーム空港、国際機関が安全性に疑問符

2006年8月2日(水) 02時59分(タイ時間)
【タイ】9月末開港予定の新バンコク国際空港(スワンナプーム空港)の安全面の問題をIATA(国際航空運送協会)幹部が指摘したことについて、同空港を開発・運営するタイ国営エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は1日、「新空港の信頼性を損なうことを狙った意図的なもの」と反論、IATAのアルバート・ジャン広報マネジャーがシンガポールのチャンギ国際空港の元幹部だったことを指摘し、同空港による嫌がらせの可能性を示唆した。

 スワンナプーム空港の安全性については、国際民間航空機関(ICAO)が行った調査で、全93項目のチェックリストのうち、「高い危険」が29項目、「中程度の危険」が43項目に上った。AOTはこの件についてコメントを避けている。
《newsclip》