RSS

上半期のタイ自動車輸出、25%増1670億バーツ

2006年8月3日(木) 11時20分(タイ時間)
【タイ】トヨタ・モーター・タイランド(TMT)がまとめた上半期のタイ製自動車・部品輸出額は前年同期比25.1%増の1668億600万バーツだった。トヨタ(66.7%増、687億9800万バーツ)、三菱自動車工業(46.3%増、295億5200万バーツ)、ホンダ(22.3%増、257億9000万バーツ)が好調だった一方、フォードは12.7%減の133億2900万バーツ、GMは46.9%減の69億9600万バーツにとどまった。

 一方、タイ工業連盟(FTI)自動車部会がまとめた上半期のタイ国内自動車生産台数は乗用車が前年同期比13.4%増の14万9753台、1トンピックアップトラックが16%増の43万5729台で、全体では14.8%増の59万7474台だった。

 乗用車は1201−1500cc8万3097台(22.4%増)、1501−1800cc4万5732台(11.7%増)、1801−2000cc9553台(30.9%増)、2001−2500cc9601台(25%減)、2501−3000cc1769台(43.1%減)。

 商用車は1トンピックアップトラック23万1515台(10%増)、ダブルキャブ(4ドア・1トンピックアップトラック)17万3117台(22.3%増)、乗用1トンピックアップトラック(PPV)3万1097台(31.6%増)。
 
 自動二輪は生産台数が4.2%増の187万9907台、輸出台数が15.4%増の76万548台、部品を含めた輸出額が6%増の180億6600万バーツだった。

上半期の自動車輸出(xlsファイル31KB)
《newsclip》