RSS

ミャンマー政府、輸出手続きを試験的緩和

2006年8月4日(金) 17時11分(タイ時間)
【ミャンマー】新華社電によると、ミャンマー政府はこのほど、中国国境のムセ税関で、農産物などの輸出手続きを試験的に緩和する措置を導入した。国境貿易の活性化と密輸防止が狙い。

 ミャンマーではこれまで、商品輸出に際し、事前にヤンゴンで輸出許可証を取得する必要があった。今回の緩和措置では、豆類、とうもろこし、ゴム、水産物、木材などを対象に、国境交易市場で中国側のバイヤーと契約が成立後、その場で輸出手続きを行えるようになった。

 ミャンマー政府当局者は、将来的にタイ国境のタチレク、ミャワディなどでも同様の措置を導入する考えを明らかにした。
《newsclip》