RSS

配電変圧器のエカラット、7日にタイ証取上場

2006年8月4日(金) 17時22分(タイ時間)
【タイ】配電変圧器メーカーのエカラット・エンジニアリング(AKR)が7日、タイ証券取引所(SET)に上場する。新規株式公開(IPO)で調達した4.9億バーツは太陽電池セル工場の建設に当てる予定だ。

 81年設立。1万−2万kVA(キロボルトアンペア)の配電変圧器を製造し、年産能力200万kVA。メンテナンスや電気システムの整備も請け負う。05年業績は売上高が前年比23.5%増の15億200万バーツ、最終利益が同41.3%増の1億7200万バーツ。社員数約660人。

 04年に破産宣告を受け、子会社を売却し再建。同年、太陽電池モジュール(ソーラー・パネル)の製造子会社エカラット・ソーラーを設立し、太陽光発電事業に参入した。モジュール(規格パッケージ)に100%輸入品の太陽電池セルを組み込み、ドイツをはじめとする欧州各国に輸出している。14億バーツを投じ太陽電池セルの製造工場を東部ラヨン県アマタシティー工業団地に建設中で、07年稼動の予定。
《newsclip》