RSS

カルピス、ホーチミンに駐在員事務所

2006年8月7日(月) 11時29分(タイ時間)
【ベトナム】カルピスは7日、ベトナム・ホーチミン市に9月1日付で駐在員事務所を開設することを明らかにした。今年12月をめどに缶入りコーヒー飲料をホーチミン市でエリア限定発売する。予定価格は5000ドン(約50円)で、07年の販売目標は1万ケース(1ケース30本入り)。

 カルピスはタイ、インドネシアにある味の素との合弁工場で缶入りコーヒー飲料を生産し、味の素ブランドで発売している。ベトナムでの商品投入はテスト販売という位置づけで、本格展開を前に市場動向を調査することが目的。08年までにコーヒー飲料の販売地域をベトナム全土に拡大する方針。当初は日本から輸入するが、将来的にはベトナムでの現地生産かタイからの輸入に切り替えたい考えだ。
《newsclip》