RSS

東京ガス、ブルネイLNGと傭船契約

2006年8月8日(火) 12時42分(タイ時間)
【ブルネイ】東京ガスは8日、全額出資の液化天然ガス(LNG)輸送船会社、東京エルエヌジータンカーが、ブルネイ政府系のブルネイLNGと、保有する輸送船の相互利用に関する傭船(ようせん)契約を結んだと発表した。

 輸送船の相互利用は、スポット・短期での輸送需要に迅速に対応するのが目的で、船団の利用効率向上にもつながると期待される。東京エルエヌジータンカーは、今年4月にマレーシアの国営石油会社ペトロナスとも同様の契約を結んでいる。ブルネイLNGにはブルネイ政府が50%、シェルペトロリアムと三菱商事が各25%出資している。
《newsclip》