RSS

ジョホールバルのモノレール、中国の技術採用=マレーシア

2006年8月10日(木) 05時56分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア地元紙によると、ジョホール州政府はこのほど、州都ジョホールバルで計画中のモノレール(全長12.5キロメートル)に中国のリニア技術を採用する方針を固めた。2007年5月までに着工し、09年の完成を見込む。総工費は13億リンギで、財源は起債により大半を賄う。

 ジョホールバルのモノレールは、中心部のジョホール・セントラル駅から新興住宅地を通り、イオン・ジャスコ駅に至るルートに建設される。完成後は1日当たり9万8000人の利用を見込む。

 これに先立ち、同州政府系企業のジャルル・ムドラは、北京市政府系の北京控股と10年間の技術提携関係を結んだ。
《newsclip》