RSS

アヒルから鳥インフルエンザウイルス=ベトナム南部

2006年8月11日(金) 06時29分(タイ時間)
【ベトナム】ハノイからの報道によると、ベトナム南部のベンチェー省当局者は10日、同省でアヒルからH5型の鳥インフルエンザが検出されたことを明らかにした。

 ウイルスは動物衛生当局によるサンプル調査で農場2カ所のアヒル4羽から検出された。いずれのアヒルも発病はしていなかったという。ウイルスが病原性の高いH5N1型かどうかは、通常サンプルを外国に送って検査する必要があるため、現時点で判明していない。

 ベトナムでは2003年にH5N1型ウイルスによる鳥インフルエンザで42人が死亡している。今年はヒトの発症例は報告されていない。
《newsclip》