RSS

バーツ高進行、1ドル=37バーツ台半ば

2006年8月11日(金) 13時18分(タイ時間)
【タイ】バーツの対米ドル相場が1ドル=37バーツ台半ばまで上昇し、輸出産業で懸念が強まっている。タイ工業連盟(FTI)は「1ドル=38−39バーツが望ましい」(ニポンFTI副会長)という立場だが、タイ中央銀行のプリディヤトン総裁は10日、「現状でバーツ安を望むのは非現実的」と言い切り、ある程度のバーツ高を容認する考えを示した。

 今後の見通しについてタイ国営商業銀行バンクタイのアピチャート氏は「36バーツ台もありうる」と予想。銀行系シンクタンク、カシコン・リサーチセンターのチャオ・キンチョン研究員も「円高ドル安の流れ。バーツは域内通貨の動きに従う」として、バーツ高が進むという見方を支持した。
《newsclip》