RSS

タイ初の五輪メダリスト死去

2006年8月16日(水) 03時48分(タイ時間)
【タイ】タイ人初の五輪メダリストで元ボクシング選手のパヤオ・プーンタラットさんが13日、都内シリラート病院で死去した。49歳。5年ほど前から筋肉が動かなくなるなどの神経性疾患のため闘病生活を続けていた。

 パヤオさんは1976年のモントリオール五輪でボクシングのライトフライ級に出場、銅メダルを獲得してタイに史上初のメダルをもたらした。引退後は南部プラチュアブキリカン県で民主党下院議員として活動していた。
《newsclip》