RSS

母子の絆が希薄に、母の日アンケート

2006年8月16日(水) 03時51分(タイ時間)
【タイ】シリキット王妃の誕生日(8月12日、母の日)にちなんで私立アサンプション大学(ABAC)が行ったアンケート調査で、タイの家族の母子関係が悪化していることが明らかになった。調査は8月7−9日、12歳以上のバンコク都民1245人を対象に行われた。

 この3カ月間に「母親と毎日会話した/会った」は46.4%で、昨年調査の63.6%を大きく下回り、「全く話さない/会わない」が8.1%から23.7%に上昇した。

 親のしつけについて、昔に比べ「厳しくなった」と思う人は21.7%、「甘くなった」は51.3%。母親との関係で謝罪したいことは「悪い言葉を使った」(60.4%)、「嘘をついた」(30.6%)、「よくない態度で接した」(22.6%)だった。これについて同大学のワンチャイ氏は、ほめるより叱ることが多い家庭で起こりやすい問題だと指摘している。

 母の日にしたいことは「タムブン(喜捨)」(36.9%)、「贈り物をする」(36.7%)、「家で一緒に過ごす」(34.8%)だった。
《newsclip》