RSS

バンコク都内に大型免税店、18日開業

2006年8月17日(木) 11時58分(タイ時間)
【タイ】免税店最大手キングパワー・グループがバンコク都内ランナム通りに開発中の複合不動産施設「キングパワー・コンプレックス」の免税店部分が18日、開業する。売り場面積1万平方メートルで、大型レストランを併設。年内の売り上げ11億バーツを見込む。

 キングパワー・コンプレックスは免税店、ホテル、オフィスビルなどからなり、投資額45億バーツ。ホテルは21階建て、400室の4つ星で、仏アコーが「ノボテル・キングパワー・バンコク」として運営する。07年5月開業の予定。

 キングパワーはバンコク国際空港(ドンムアン空港)、チェンマイ空港、プーケット空港、バンコク都内などで免税店70店以上を運営。新バンコク国際空港(スワンナプーム空港)の免税店事業権も取得している。

キングパワー・コンプレックス完成予想図
《newsclip》