RSS

「油太り」で1割増、上場企業の上期利益

2006年8月19日(土) 15時31分(タイ時間)
【タイ】タイ証券取引所(SET)によると、上期(1−6月)決算を提出したSETおよび二部市場(MAI)の上場企業499社の最終利益の合計は前年同期比10%増の2732億バーツ、売上高は同22%増の計2兆7114億バーツだった。国営石油会社PTTとその子会社・関連会社の最終利益の総額が1000億バーツを超えるなど、原油高が増収増益を支えた格好だ。

 SET上場企業の産業グループ別の最終利益は、「資源」(石油、電力、水道、鉱業)1010億バーツ(前年同期比18%増)、「金融」(銀行、証券、保険)520億バーツ(9%減)、「サービス」(商業、メディア、病院、観光、運輸など)314億バーツ(50%増)、「不動産・建設」305億バーツ(8%減)、「技術」(情報通信、エレクトロニクス)183億バーツ(6%減)、「工業」(石化、化学、機械、包装、自動車など)166億バーツ(1%増)、「アグロ」(食品、飲料、農業)70億バーツ(24%減)、「消費財」31億バーツ(4%減)−−。「サービス」は1割増収と為替差益が大幅増益を後押しした。
《newsclip》