RSS

25歳の叔父、近親相姦の13歳姪を絞殺

2006年8月21日(月) 03時47分(タイ時間)
【タイ】20日付タイラットによると、19日午前0時半ごろ、北部ピッサヌローク県の民家で、洋服ダンスの中に押し込まれていた女子中学生、シリポンさん(13)の遺体が見つかった。娘の帰宅が遅いのを心配した母親のワナポンさん(43)が発見、死後約12時間が経過していた。遺体は首を絞められ、衣服は身につけていたものの、死亡直前に性交した跡があった。

 ワナポンさんによると、シリポンさんは同居していたワナポンさんの実の弟、スラパイ容疑者(25)と以前から肉体関係があり、2人を遠ざけようとしたワナポンさんがわざわざ家を新築して娘と2人で住み始めたばかりだったという。スラパイ容疑者は事件直後に行方をくらましていたが、自宅へ食事に戻ったところを警察に逮捕された。

 スラパイ容疑者の供述によると、18日の朝にシリポンさんを訪ねたが、別れ話を持ち出されて口論となり、性交して仲直りしようとしたが失敗したため、アイロンコードで首を絞めて殺害したという。
《newsclip》