RSS

宝飾品大手プランダ、為替差損で上期減収

2006年8月22日(火) 00時57分(タイ時間)
【タイ】地場宝飾品大手プランダ・ジュエリーの上期(1−6月)決算は、売上高が前年同期比18%増の18.2億バーツ、最終利益が同24%減の1.2億バーツだった。新規市場の開拓などで増収となったが、バーツ高で為替差損が生じた。

 同社は「プリマゴールド」「プリマダイヤモンド」「エッセ」といったブランドを展開。タイ、インドネシア、ベトナム、中国に工場があり、従業員約4000人、年産200万個以上。
《newsclip》