RSS

首都圏電車建設で円借款申請、入札は延期

2006年8月22日(火) 01時29分(タイ時間)
【タイ】首都電車公社(MRTA)はバンコク首都圏の電車2路線整備事業の入札を延期する。8月8日に入札を開始したが、国際協力銀行(JBIC)に融資を申請したため、事業計画の調整が必要になった。9月にJBICの調査団を受け入れ、11月に改めて入札を始める予定。

 MRTAが開発を担当するのは、▽パープルライン:バンコク都内バーンスー−ノンタブリ県バーンヤイ間の23キロ、16駅。建設予算408億バーツ、工期42カ月▽レッドライン:フアラムポーン・バンコク中央駅−バンケー間の14キロ、11駅と、都内バーンスー−タープラ間の13キロ、8駅。予算623億バーツ、工期56カ月−−の2路線、3区間。一部が地下鉄、一部が高架になる。
《newsclip》