RSS

鶏肉関税引き上げでEUに抗議

2006年8月22日(火) 02時09分(タイ時間)
【タイ】タイの鶏肉輸出業者団体のメンバーら数百人が21日、タイ産鶏肉加工品に対する欧州連合(EU)の輸入関税引き上げに反対し、バンコク都内で抗議集会を行った。一行はEU代表部や英仏などの大使館に嘆願書を提出し、「税率引き上げは200万人の雇用に影響を与え、500億バーツの経済的損失を被る」(タイ・ブロイラー加工輸出業者協会のアナン会長)として、計画の撤回を求めた。

 EUは6月半ばに、現在8.5−15.4%のタイ産鶏肉加工品に対する輸入関税を一定量にのみ適用し、それ以上輸入する場合は税率を53%に引き上げる計画を発表。9月15日に発効する見通しとなり、タイ政府が交渉に乗り出している。

 今年上半期のタイ産鶏肉輸出は前年同期比11%増の16万トン、184億バーツで、EU向けが78億バーツ(21%増)を占めた。日本向けは97億バーツ(5%増)。
《newsclip》