RSS

ホンダ、補修用板金部品をタイで一括生産

2006年8月22日(火) 15時04分(タイ時間)
【タイ】ホンダは22日、アジア大洋州地域向けに四輪車の補修用板金部品を製造する子会社をタイに設立すると発表した。アジア大洋州地域ではこれまで、各国の四輪車生産拠点や外部の生産委託先が補修用板金部品を生産していたが、一括生産に切り替え、品質、コスト、物流面を強化する。

 新会社は「Asian Parts Manufacturing(APM)」。中部アユタヤ県のロジャナ工業団地に工場を設立、07年6月稼動の予定。投資額は12.8億バーツ。スポーツ・ユーティリティー・ビークル(SUV)の「CR−V」、小型車「ジャズ(日本名フィット)」などグローバルモデルの補修用板金部品は欧州や日本にも輸出する。
《newsclip》