RSS

反首相派市民襲撃に私服警官? 

2006年8月22日(火) 17時53分(タイ時間)
【タイ】バンコク都内のショッピングセンター(SC)で起きた反首相派、首相支持派の乱闘事件で、反首相派市民団体「民主主義のための人民同盟(PAD)」は22日、私服警官が反首相派の市民に暴力を加えたとして、警察に調査を要求した。7日以内に満足の行く捜査結果が公表されない場合、バンコクで大規模な反政府集会を開くとしている。

 一方、スラポン政府報道官は同日、乱闘騒ぎを起こした市民の訴追を検討していることを明らかにした。また、行き過ぎた報道が国論の分裂を深めているとして、報道機関に関連報道の自粛を要請した。

 乱闘事件は19日にSCのパラゴン、21日にセントラル・ワールド・プラザで起き、数人が負傷した。いずれも式典のため現場を訪れたタクシン首相に反首相派がば声を浴びせ、首相支持派が応酬する形で始まった。
《newsclip》