RSS

島津製作所、シンガポール企業と乳がん診断タンパク質を発見

2006年8月24日(木) 09時33分(タイ時間)
【シンガポール】島津製作所は22日、シンガポールのがん関連バイオベンチャー企業、アジェニカ・リサーチ社との共同研究で、乳がんの診断・治療に役立つ可能性のあるマーカ−タンパク質の探索を進めたところ、乳がんマーカ−候補となる10個のタンパク質を発見したと発表した。研究成果は近く学術雑誌に発表される。

 島津製作所は、2002年6月にアジェニカ リサーチに出資し、04年から共同研究を本格的に開始した。アジェニカ・リサーチには、シンガポール国立がんセンターの子会社NCCテクノロジー・ベンチャーズ社、三井物産が出資し、01年に設立した企業。現在の株主構成はNCCと三井物産が各47.2%、島津製作所5.6%。
《newsclip》